スマートな会社案内

制作物は物語る。

自社のブランドをどう魅せるのか

知り合いの印刷会社さんに会社案内を作ってもらっているという企業様もきっと多いはず。
それはそれで、名刺なども一括して頼めるのでとても便利です。
しかし、定期的につくっていると、以前はそれなりに満足できていたけれど、今回の会社案内は何か仕上がりが悪い。。。
そう感じたことのある企業担当者の方はきっと多いはず。
時代によって、流行のサイズも紙質も、言葉選びも、写真のアングルも、すべて変化しています。
印刷物に対するスキルだって、様々です。
いろんな会社案内を作りましたが、なかでもその会社のブランド力を表現したいい作品例をご紹介します。

 

会社案内は自社の羅針盤だ!

リクルートでものをいう紙の力
最近は、すべてネットで確認・問い合わせして、パワーポイントで作った資料を見せて、という手順で会社のことを説明できる時代です。
自社の目指すところ、いいサービス、いい社風を一目でわかってほしい。
そう願う企業様のブランディングを助ける一つの手段が、会社案内です。

会社案内を作ると考えがまとまる
ホームページを作るときもそうですが、限られた紙面である会社案内をつくると、より明確に会社のことが理解できて、目指す方向性や理念の大切さがわかるようになり、社長や社員にとって有益な深み、厚みを生み出します。

 

 

 

 

制作実績一覧